- Blog記事一覧 -スマホシンドローム

スマホシンドローム

2019.05.18 | Category: 未分類

現代を生きる我々にとっての必須アイテムであるスマホ。

遊びにも仕事にもとにかく片時も手が離せないという方は多いと思います。そんなスマホ生活、体に不調は感じませんか?

その不調は「スマホシンドローム」かも知れません。

肘や肩、首の痛み・こり、眼精疲労、手首や指の腱鞘炎、背中の痛み、頭痛、不眠症状(寝つきが悪い、眠りが浅い、早期覚醒等)、下痢、便秘、スマホが鳴っている気がする(ファントムバイブレーションシンドローム)、倦怠感、、、などなど

スマホを長時間利用することにより起こるこれらの症状を総称して「スマホシンドローム」と呼びます。

不良姿勢による血行不良や動作不足、特定の筋肉しか使わない為に運動機能が減退したり、生活リズムの乱れによる自律神経失調が起こります。

しかし分かってはいても止められないのがスマホですね。。そこで今回2点!すぐに実行できる姿勢に対する対処法をご紹介します。

① スマホを持つ位置は目線と同じか顎を少し引いて見れる位置にする(目線を下げすぎない)

② 腰、背中を丸めず骨盤を立てた姿勢で見る

上記二点は主に座ってスマホを操作するときの対処法です。体は長時間同じ姿勢のキープが苦手ですので筋肉も神経も全て疲労を起こし、それは毎日蓄積されていきます。

当院では姿勢矯正を行っておりますが、毎日の生活習慣で姿勢は決まっていきますので日々の意識で施術効果は長くも短くもなります。特に脊柱は大切な脊髄神経を含んでおり、体の機能全てに影響を出してしまう為に姿勢はとても大切なのです。毎日の小さな積み重ねが未来の身体をつくります。姿勢、今一度見直してみましょう!


アクセス情報

所在地

〒409-0038
山梨県中央市布施2-5

駐車場

7台

休診日

水・木・日

ご予約について

当院は予約優先制となっております。