- Blog記事一覧 -腸と健康

腸と健康

2019.10.19 | Category: 未分類

私たちの健康や美容に、腸内環境が深く関わっていることはテレビなどで知っている方も多いと思います。

腸の主な働きは消化吸収と免疫機能です。
腸内には、体内の免疫細胞のうち約6割が存在しています。
そのため免疫力が強いか弱いかは、まさに腸内環境が良好かによって左右されます。

腸の機能を健全に保つには、腸内に無数に生息する常在菌のバランスを整える事が大切です。
バランスには個人差がありますが、「善玉菌」とよばれる菌を優位に保つことが有効であるとされています。
逆に「悪玉菌」が優位になってしまうと、腐敗物質が増え、腸内環境が悪化することで免疫力が衰え様々な病気の原因になる可能性があります。

代表的な善玉菌では、「乳酸菌」がよく知られています。
乳酸菌はヨーグルトやチーズ、納豆などの発酵食品に多く含まれています。
発酵食品には乳酸菌をはじめとする、腐敗物質の増加を抑える善玉菌が豊富に含まれています。
善玉菌には免疫細胞を活性化させる働きもあるため、日々の食卓に発酵食品を積極的に取り入れることは、腸内環境を整えながら免疫力も高めることで病気になりにくい体をつくることが期待できます。

乳酸菌を多く含む食品を食べる際は、乳酸菌の餌となる栄養素も一緒に摂取するとより効果的です。
その栄養素とは、主にオリゴ糖や食物繊維です。
おすすめの組み合わせは・・・

☆お味噌+酒粕
発酵の過程で大豆のタンパク質がアミノ酸に変わる事で消化しやすくなっている味噌と、ビタミンB群が豊富に含まれており代謝を高めてくれる酒粕は相性が抜群です。
緑黄色野菜も入れた粕汁を食べれば、高い抗酸化作用でお肌にも良いです。

☆納豆+キムチ
100度の熱湯をかけても死滅しない生命力をもつ納豆菌は、ビタミンB2や食物繊維が豊富なうえ、血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼも含まれています。
さらに乳酸菌が豊富なキムチを足すことでより高い整腸作用が期待できます。

☆ヨーグルト+甘酒
乳酸菌やビフィズス菌が含まれるヨーグルトは、腸内バランスを整えつつ免疫力も高めてくれます。
麹菌の吸収率が高い甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、効率的にエネルギーに変換されるため、ヨーグルトと合わせることで大腸の働きが良くなり便秘解消にも期待できます。

これらの効果を得るポイントは、一度にたくさん食べるのではなく毎日の食事に取り入れることです。
風邪をひきやすかったり、肌の不調を感じるときは腸内環境が乱れているかもしれないので、ぜひ乳酸菌や酵素を食卓に取り入れてみてください^^


アクセス情報

所在地

〒409-0038
山梨県中央市布施2-5

駐車場

7台

休診日

水・木・日

ご予約について

当院は予約優先制となっております。