- Blog記事一覧 -もうすぐハロウィン

もうすぐハロウィン

2019.10.25 | Category: 未分類

今回はまたまた山本おすすめのゲームの紹介をしていきたいと思います!

もうすぐハロウィンということで、今日紹介するのは『Dead by daylight』、通称『DBD』というホラーゲームです。

発電機を修理して脱出を目指す4人の生存者と、生存者を見つけ狩る殺人鬼に分かれてプレイします。
どちらも同じ人間が操作しているため、技術のみならず心理戦も大事になるゲームです。

生存者側
生存者の目的は、マップ内にある7つの発電機のうち5つを修理し、脱出ゲートを通電させ逃げ出すこと。

しかしマップ内には殺人鬼が生存者を見つけ処刑するために徘徊しています。
殺人鬼に見つかってしまった場合はなんとか逃げ回らなければなりません。
とはいえ、基本的に殺人鬼の方が生存者よりも足が速いため、普通に走っているだけではすぐに追いつかれてしまいます。

そこで大事なのが、マップに点在する“板”や“窓枠”です。


板を倒すことで殺人鬼の通行を妨げます。
生存者は板の上を飛び越えることができますが、殺人鬼は逆側に回り込むか板を割らなければなりません。
窓枠は生存者の方が速く飛び越えることができます。

これらを駆使することで他の生存者たちが発電機を修理する時間を稼いだり、撒いてやりすごしたりします。
しかし、板は消耗品のためあまり序盤から多く使ってしまうと、他の生存者が殺人鬼から逃げる際に板が無く逃げ切ることができなくなってしまいます。
そのため、板を節約しつつ時間を稼ぐことが重要になります。

また、殺人鬼はそれぞれに固有の能力を持っているため、それぞれに合わせた逃げ方をすると、より逃げやすくなります。

板を倒すか、窓枠を越えるか、どちらの方向に逃げるか、殺人鬼の動きはどうかなど、鬼ごっこ中は考えることが多く、殺人鬼との熱い読み合いバトルになります。

殺人鬼側
殺人鬼の目的は、4人の生存者全員を処刑することです。

殺人鬼の視点は生存者と違い一人称視点のため、視界が悪く生存者を見つけづらいです。

そのため殺人鬼は、生存者の足音や声、発電機を回す音、生存者が走った際に見える赤い傷マークなどを頼りに生存者を見つけ追いかけます。

殺人鬼は、生存者に攻撃を2回当ててダウンさせ、処刑用のフックに吊るします。
吊るされた生存者は他の生存者に助けられないと時間経過で処刑されてしまいます。

基本的に一人の生存者を3回吊るすことで、処刑、つまり一人減らすことができます。
仲間の数が減るほど生存者は不利になっていきます。
しかし一人の処刑に時間がかかりすぎると、その間に他の生存者にバンバン発電機を修理されてしまいます。

殺人鬼の固有能力やパーク(追加能力)をいかした立ち回りをして生存者をうまく追い込んでいきましょう!

育成
殺人鬼も生存者も、試合が終わった際に貰えるポイントで成長させることができます。
ここで得たパーク(能力)を4つ、好きに組み合わせて試合にのぞみ、ポイントを貯めてさらにキャラを強化してまた試合にのぞむ、というのが基本の流れになります。

このゲームは強いパークや知識も大事ですが、何よりも慣れと勘です。
最初のうちは怖くてなかなか大胆な動きができなかったり、生存者を見つけられなかったりと難しいですが、プレイすればするほど楽しくなるゲームです。
生存者側と殺人鬼側、2つの楽しみ方があり、互いに全く違った見方をすることができます。
また、有名なホラー映画とコラボしたキャラクターやマップが多数存在するので、ホラー好きの方や映画好きの方はぜひプレイしてみてください^^


アクセス情報

所在地

〒409-0038
山梨県中央市布施2-5

駐車場

7台

休診日

水・木・日

ご予約について

当院は予約優先制となっております。